なぜ、今ビットコインなのか~はじめてのビットコイン.com設立の目的~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はじめてのビットコイン

シェアリングエコノミー」「IoT」「AI」など、今後の私たちの生活を大きく変化させる可能性のあるキーワードはいくつかあるものの、その中でも最も重要かつ私たちへの影響が大きいと考えているのが、ビットコインに代表される「仮想通貨」です。

現在、私たちが普段の生活に利用している円やドルなどのお金は「法定通貨」と呼ばれ、国家が発行し流通させ、国家によりその価値を保証されています。

一方、ビットコインのような仮想通貨は誰が発行しているわけでもなく、誰が管理しているわけでもありません。強いて言うならば、ビットコインの利用者たち自身により管理され、流通しています。そして、法定通貨との最も大きな違いは、その価値を国家が保証していない点にあります。

法定通貨と仮想通貨の比較
それでは、何が仮想通貨に価値を与えているかと言えば、「私はこの仮想通貨には価値があると思うし、ほかの人も私と同じように思っているはずだ」という、利用者たちの期待です。仮想通貨の価値を認める人たちのコミュニティにおいては、物品の購入・サービスの対価の支払いとして、円やドルと同様に利用することができます。

価値が保証されないお金、と聞くと、「そんな怪しいもの使いたくない!」と思われるかもしれません。確かに、自分の持っているお金の価値を誰も保証してくれないと考えると、不安を感じても仕方がないでしょう。しかし、ここで考えていただきたいことがあります。

私たちが普段の生活で利用している円やドルに価値を与えているのは何でしょうか。それは、先ほども述べた通り、「国家」であり、「法律」です。つまり、国が「”1万円”が印刷されたこの紙は1万円の価値があるんです!」「1万円札を持っていると、1万円分の物品購入やサービスを受けることができるんです!」と保証してくれているから、1万円札には1万円の価値があるのです。円が価値を持っているのは、日本がその価値を保証してくれているからであり、なおかつ円の利用者たちが日本という国を信用しているからです。

つまり、発行者を信じるのか、その通貨そのものを信じるのかの違いでしかなく、法定通貨であっても仮想通貨であっても、「その仕組みを信用して乗っかる人がいる」ことで価値が生まれているという意味で本質的には同じなのではないでしょうか。

2014年に、当時の世界最大のビットコイン取引所であるマウントゴックスに預けられていたビットコインが消失し、会社自体も倒産してしまった事件を覚えている方もいらっしゃるかと思います。ネットワークを利用して受け渡しされるビットコインには、このようなセキュリティの不備によりあっけなく失ってしまうリスクを孕んでいます。ただ、これは法定通貨である円やドルも同様です。大災害や戦争、財政危機などの国家存亡に関わる重大な出来事があれば、たちまちその価値を失うことになります。

法定通貨と仮想通貨の価値の源泉
資本主義社会においては、お金のありなしがその人の人生を大きく左右してしまいます。種々の研究により、「お金はあればあるだけ幸せである」のは明確に否定されています。しかし、それでも、衛生的・文化的な生活を営むためにはある程度のお金が必要であるのも事実です。人生での重要な要素であるお金の価値が、国家のさじ加減で簡単に変化してしまうというのは、好ましい状態なのでしょうか。

仮想通貨の価値は、利用者たち自身によるその通貨への信用によって生まれています。国家のようなシステムによって与えられるのではなく、自分たち自身が価値を与えています。
そのような意味で、人類は貨幣経済が始まって以来初めて自らの意思で自分たちの人生に価値を付けることができるようになったと言えます。

「ナカモトサトシ」という一人の人間がネット上に掲載した論文を理論のベースとして誕生したビットコインは、「お金とは何なのか」、さらには「幸せって何だろう」という問いを人類に突き付けていると言えるかもしれません。

その仕組みを完全に理解するためには、経済学・ファイナンスだけでなく暗号論・統計学・エンジニアリングといった広い分野にまたがって学習しなければならず、大変な労力を要します。
しかし、少しずつ学習を進め、ある程度でも理解ができれば、その可能性の大きさを感じ取ることができるでしょう。

もともとは単なる「コンピュータおたくの遊び道具」に過ぎませんでしたが、これまでの通貨にはなかった特性を評価され、様々なサービスでの決済、国際送金、あるいは投資対象などの用途を中心に世界中で広がりつつあります。

仮想通貨の黎明期と言える時代に生きていることをとても幸運に思います。

21世紀の世界に起こりつつあるこの大革命に興味を持つ方が増えることを期待して、「はじめてのビットコイン.com」を設立しました。

次のおすすめ記事

ビットコインの将来性ってどうなの?二つのシナリオを考えてみた

■履歴

2016年6月 作成開始

■運営者

名前:かっきーちゃん

大学卒業後、2013年4月から都内のIT企業で働いています。

ブログ「かっきーちゃんねる

■サイト内画像について

当サイトで利用している画像は、私が自分で作成した資料以外は、基本的にフリー素材として配布されているものや、Amazonから提供されているものを利用しています。

当サイト内の記事からダウンロードした画像を他のサイトで利用することは、配布元サイトの利用規約に違反する恐れがありますので、決して行われませんようお願い申し上げます。

お世話になっているフリー素材サイト

ぱくたそ

主に、人物の画像を利用させていただいています。男性・女性ともにモデル素材が豊富で、たいへん重宝させていただいています。

写真AC

主に、風景やモノの画像を利用させていただいています。検索機能が使いやすく、イメージ通りの画像をすぐに見つけることができます。

■記事本文の引用について

当サイト内記事の文章を引用いただくのは、一般的な著作権のルールの範囲内であればご自由にしていただいて構いません。

なお、引用いただく場合には、出展元として当サイト名を明示し、リンクを掲載いただきますようお願い申し上げます。

■お問い合せ

当サイトについてのご連絡・お問い合わせにつきましては、Twitterまでお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする