ビットコインの将来性ってどうなの?二つのシナリオを考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bsYUKA_kaugirl15172449

もしもあなたがビットコインへの投資を検討しているならば、何よりも気になるのはビットコインの将来性ではないでしょうか。良くも悪くもまだまだその仕組みが十分に理解されているとは言えないため、肯定派・否定派入り乱れて様々な将来予測が飛び交っているのが現状です。また、現時点では一般人の参加は少なく、プロ・専門家のような立場の人たちによる「ポジショントーク」のようなゆがんだ言説が多いように思います。

そこで、今回はプロでも専門家でもない私がビットコイン投資家にとって最良のシナリオと最悪のシナリオをそれぞれ考えてみました。将来像をズバリ言い当てるのではなく、あり得る可能性の幅を示すにすぎませんが、投資可否判断の参考にしていただければと思い、紹介いたします。

ビットコイン最悪のシナリオ

まず先に、最悪のシナリオをお話しします。

システムの重大な欠陥が発見されたり、各国政府による法規制などが行われたりなどの事態が起こると、仮想通貨・暗号通貨の信頼性や可用性が下がり、利用者の減少が起こります。すると、「多くの利用者がいること、かつその利用者たちが通貨の価値を認めていること」を価値の源泉としているビットコインは、たちまちその価値を失うことになります。

ビットコインの円建てでの価格が下落すれば、当然ビットコインへ投資していた人たちの損失が拡大することになり、その規模が大きいほど影響も大きくなります。損をした人が多くなると、これまで許されていた「欠陥とまでは言えない不都合」を重箱の隅をつつくように指摘されることが増えたり、さらなる損失の拡大を抑制するために法規制の強化が行われるかもしれません。そうなれば、さらにビットコインに対する社会の見方は厳しくなることになり、利用者はいなくなってしまうことでしょう。

ビットコイン最悪のシナリオ

このような負のサイクルに入ってしまい、利用者がいなくなり、その価値の源泉を失ってしまうことが、ビットコインにとっての最悪のシナリオと考えています。ビットコインに投資している人や、私のようにビットコイン推しを表明している人たちは、「あんなわけのわからないものを信じた大ばか者」と扱われてしまうかもしれません。

ビットコイン最良のシナリオ

続いて、最良のシナリオを紹介します。

今の勢いをそのまま保ち続け、順調に利用者を増やし続けることができれば、いつかは円やドルを脅かす存在になるかもしれません。国際経済でのあらゆる取引がビットコイン建てで行われるようになれば、現在とは比べ物にならないほどその価値は高まることでしょう。

現在、世界で流通している「お金」の総量は、定義にもよりますが数千兆円から数十京円になると言われています。もしもビットコインが円やドルに代替されるようになるならば、ビットコインの時価総額(発行枚数×一枚当たり価格)がこの規模と同等にならなければなりません。この記事を書いている2016年6月14日時点でのビットコインの時価総額は1兆円弱といったところですので、1000倍から10万倍以上のスケールです。

ビットコインの発行枚数には上限があり、最大で約2100万枚しか発行されないようになっています。現在はすでにその75%ほどの1500万枚が発行済みです。したがって、ビットコインの枚数は今後それほど多く増えることがないため、ビットコインの時価総額が増えるためには一枚当たりの価値がどんどん上がっていく必要があります。

このように、現状の法定通貨を代替するような存在となり、世界中のあらゆる用途に用いられるようになることがビットコインにとっての最良のシナリオと考えています。ビットコインに投資している人や、私のようにビットコイン推しを表明している人たちは、「時代を先取りした先見の明のある素晴らしい投資家」と扱われることになるかもしれません。

まとめ

今回紹介した二つのシナリオはどちらも極端なものであり、現実の落着はその中間になると考えています。既にビットコイン建てでの支払いを認めるサービスが世界中に登場していることなどにより、インフラとしての地位を固めつつあることを考えれば、利用者がいなくなってしまうような事態にはそう簡単には至らないでしょう。一方で、法定通貨を代替し、「世界統一共通通貨」のような存在になることも、各国政府の圧力などにより難しいこととと思われます。

もしも最悪のシナリオに近い将来を想像するのでしたら、特に何もすることはありません。ただこれまで通りの日常を送りましょう。そして、もしも最良のシナリオのほうに近い将来を想像するのでしたら、ぜひ今のうちからいくらかの円をビットコインに変えておくべきでしょう。

------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク