ビットコインって何?なぜ広まったの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコインの仕組み

ビットコインについて興味はあるものの、その複雑そうな仕組みから怖気づいてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。確かに、ビットコインについて正しく理解しようとすると、経済学・ファイナンスだけでなく暗号論・統計学・エンジニアリングといった非常に幅広い分野の理論を学ばなければならず、ハードルは高いと言えます。

そこで、今回は「ビットコインって何?」という簡単なまとめをしてみたいと思います。わかりやすさを重視して説明を端折る部分もありますので、厳密さがいくらか犠牲となっていますが、取りあえず全体像がなんとなく理解できるようにします。

「ナカモトサトシ」が発明

ビットコインは、「ナカモトサトシ」という方が2008年にインターネット上で発表した論文をもとに作られています。

その論文の概要は、

・金融機関を通さずに、直接人と人がネットワークで取引をができるお金の形を思いついたよ

・取引の安全性は、第3者ではなく利用者みんなで協力して担保していくよ

・取引のコストが下がるので、少額の取引もしやすくなるよ

・過去の取引はすべて公開することで、透明性もあるしデータ改ざんもしにくいよ

・取引にはブロックチェーンという仕組みを使うよ

・ブロックチェーンの運営に協力してくれた有志の人には、報酬がもらえるチャンス!

・流通するコインの枚数はどんどん増えるけど、だんだん増加のスピードは遅くなるよ

といった内容になっています。

ここで出てくる「ブロックチェーン」という仕組みは、コンピュータおたくたちが喜ぶような斬新なアイデアでした。論文のままであれば「机上の空論」に終わったかもしれませんが、ナカモトサトシは2009年に、この理論に基づいた実際にネットワーク上で動く仮想通貨としてビットコインを作り上げたのです。

つまり、もともとはコンピュータおたくたちの知的な遊び道具として作り出されたものであり、円やドルのような法定通貨のように買い物に使えるようになることはこのときにはまだ想定されていなかったと言われています。

○参考

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(英語)

7億円のピザ!?

はじめはおたく同士でコインを送りあったり、ビットコインで遊べるカジノを作ったりするなどを楽しんでいただけで、実際の経済活動には利用されていませんでした。

しかし、2010年5月にとある人がビットコインのコミュニティに書き込んだ「1万ビットコインとピザ2枚を交換してほしい」というレスに対して別の人が応じたことで、世界初のビットコインでの実際の物品購入の取引がされました。

7億円のピザ

この取引をきっかけに、ただの遊び道具に過ぎないと思われていたビットコインが、実際の取引にも使えるのではとの認識が広まり、段々と価値を持ち始めたとされています。

ちなみに、この記事を書いている2016年6月時点では、1ビットコインはおよそ7万円ほどですので、1万ビットコインは7億円となります。現在の価値に直すとずいぶん高いピザとなってしまいましたね。

無国籍の通貨

ピザの取引をきっかけにそのポテンシャルの大きさが認識されると、おたくだけでなく一般層にも次第に広まり始めます。どこの国の政府も関与していない無国籍の通貨であるため、まずは自国の通貨に不安を感じる人や、怪しい取引をしたい人たちに注目され、利用され始めました。

戦争や財政不安で自国の通貨への信頼を失った人たちが、ビットコインを使って自分の資産を守ろうとする動きがありました。また、政府たちの監視の目が届きにくいことから、麻薬の取引やマネーロンダリングなどをしたいと考える悪い人たちにとっても都合の良いものでした。

投機・投資の対象へ

一般層に広まり始めると、やはり投機・投資の対象としても見られるようになり、ドルなどとビットコインを交換することができる取引所が発達することになります。2014年に破たんし、日本でも大きな話題となった「マウントゴックス」は、当時の世界最大の取引所でした。セキュリティの不備を突かれ、預かっていたビットコインを盗まれてしまったようでしたが、あくまでも一つの取引所がなくなっただけであり、ビットコインの仕組みそのものには大きな影響はありませんでした。

実際に、マウントゴックス破たん後にもビットコインの取引はこれまで通りに行われ続けました。事件直後には投資家たちの心象も悪くなり、さすがに価格も下がってしまいましたが、ほとぼりが冷めればまた投資家たちも戻り、価格も一時期のピークまで戻りつつあります。

将来像

このような歴史を持つビットコインですが、今後はどのように発展していくのでしょうか。私としては、どれほどのスケールになるかはわかりませんが、今よりは規模を大きくして普及すると考えています。

ビットコインの将来性ってどうなの?二つのシナリオを考えてみた

------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク